不動産をローンで買う

不動産購入時のローン

不動産取り引きにおける保証金

不動産取り引きにおける保証金は手付け金とも言われ、取り引きにおける契約の前金の性格を持っているものです。契約前金の性格と同時に、土地取引の契約解除時に支払う金銭、あるいは土地取引において何かしらの違反行為があった場合に支払われる性格のものです。例えば2000万円の土地購入取り引きですと、100万円程度の保証金となることが多く、この金額は土地代金に含まれて勘定されます。土地売り主と直接面談し、多くは依頼する工務店や建築事務所の方が同席して行われるようです。不動産ローンを組む場合は、この金銭について銀行なども承知していますので、借りることが決まっていますと、100万円程度のお金を銀行などから支払われることになります。

債務保証の手数料でもある保証金

不動産を購入する場合は多額で長期にわたる住宅ローンを組むのが通常で、連帯保証人をつけることになります。しかし、連帯保証人の要件が厳しいため、代わりに保証人となるのが信用保証会社です。公庫では保証協会、金融機関で指定の保証会社となり、ローン契約にはこの保証会社からの保証を受ける流れになります。この際、借主が保証会社に支払うのが保証金です。言わば多額のローンを組むための手数料であり、債務の保証を保証会社が担うため金融機関も多額の金額を個人に貸し付けることができるのです。住宅ローンの中には保証金が不要なものもありますが、その分を金利に反映させているため、総負担額で不動産ローンを比較することが大切です。

不動産ローンに関する情報