不動産の譲渡に関して

不動産を譲渡する時は

不動産の無償譲渡について

不動産の無償譲渡は、他人に対しては、よほどの理由がないとあり得ません。無償譲渡があるとしますと、兄弟間・親戚間・親子間です。親子間の場合は遺産相続となり、生前贈与と死亡後の譲渡となります。特殊な例として、長男が成り行き上保有していた不動産(田畑)を、約束された状態に戻すため譲渡される場合があります。ただし田畑の場合は安価ですので、税務申告する必要がありますが安心です。地目が住宅の場合は、譲渡に関わる税務署への税金支払額が高額になりますので、場合によっては譲渡放棄ということも発生する可能性があり得ます。

土地・建物の無償譲渡

土地・建物などの不動産の無償譲渡が行われるのは、親子関係における生前遺産相続の場合が多くあります。もちろん中には、兄弟同士や親戚同士での無償譲渡が行われる場合も考えられますが、問題となりますのは税金です。生前遺産相続の場合は相続税が適用され、2000万円程度であれば無税で対応できます。ところが兄弟同士や親戚同士ですと贈与税が適用され、かなり高額な税金が適用されますので要注意です。いずれにしましても、無償とはいえ金銭がからむ譲渡ですので、人間関係はもちろん、譲渡後不動産を住居として利用するかどうかについても、注意が必要です。親戚関係にひびが入らないよう、十分考慮すべきでしょう。

不動産ローンに関する情報